• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
NEWS

MUSIC

現在、ナスカ・カーは、ライブにフットワークよく動ける体制を作ったのでお気軽にお誘い下さい。(レパートリー的に1時間はやれます)東京ナスカ・カーもまだ出来ますので、東京方面もお誘い頂ければやりますのでよろしくです。

また他電子音ソロワーク等の出演も出来ますので御用のある方は声をお掛け下さい。映像でもDJでもなんでも設備があれば大概のことは出来ます。条件&内容は応相談可。こちらまで。 

Audio Invaders「CD発売記念東京編ライブ」(と言っていいのか…)
 

  • 6月10日(金)阿佐ヶ谷イエロービジョン
    【AUDIO INVADERS(中屋浩市&藤掛正隆)ゲスト:大和田千弘/大和田千弘×藤掛正隆DUO】
    出演:中屋浩市(ナスカ・カー)electronics 藤掛正隆ds 大和田千弘pf
    19:30 open  20:00 start
    ¥2,500+order
    http://www.yellowvision.jp/
    久しぶりの東京ライブになります。関東方面はこのあと予定がないので是非によろしくお願いします。また東京ナスカ・カーもやれるのでお誘い下さい。

ナスカ・カー(珍しくライブが関西方面で7月8月決まってます)

  • 7月2日(土)emvironment 0g
    ​ナスカ・カー名義で出ます。詳細はしばしお待ちを…

直近の各種リリース

  1. ナスカ・カー「ACID」(CD)
     2022年3月9日全国一斉発売決定。「何も足さない、何も引かない、正直どうでもいい」ナスカ・カーの2年ぶりの完全新作は「昔諸事情で出来ななかった事を敢えて今ハード機材オンリーでやる」をテーマに80年代末期のハウスを取り入れた怪作。耳につくフレーズ、思考が凍りつくミニマルな展開、風景の一部と化す疑似アンビエントな風情。エゴ100%むき出しです。たっぷりと味わってみて下さい。こういう作風の為枚数限定です。
     ボーナストラックに、前のベストアルバムで気に入らない曲が3曲あったのでオリジナルに準拠してリ・ビルドし直しました。ハイレゾ音源・インストバージョンDL出来る仕様です。
     尚、通販及びライブ会場では特別仕様の2枚組CDバージョンも取り扱っております。(通販、会場では両方とも特製MIXCDRが付きます。価格は1枚組が税抜¥2000、2枚組が税抜¥3000となります。
    絶賛発売中(珍しくかなり売れてるので残り少ないです…)


     

  2. オーディオ・インベーダーズ「オーディオ・インベーダーズ」(CD) 
    中屋浩市✕藤掛正隆が正式に始動されたのでユニット名を改めました。FDRでの発売になりますが即興演奏の風味は少なく完成度の高いサウンドになっております。


    ナスカ・カー中屋浩市と藤掛正隆のユニット、オーディオ・インベーダーズのファースト。クラウト・ロックでありシンセ・ポップでありテクノでありエレクトロでありファンクでありサイケデリックであり即興音楽であり……と、さまざまにカテゴライズできるが、要は彼らにとっての「ニュー・ウエイヴ」だと解釈した。めっちゃ味が濃くて後を引く感じのアヴァン・ポップ。攻撃的だがユーモラスでもある。藤掛さんのドラムが超絶かっこいい。8/18発売
    (小野島大さん)

    時おり出会えるアヴァン系の快作シリーズを久しぶりに。今回は数日前に届いた『AUDIO INVADERS』、ナスカ・カーという電子パンク・バンドを率いる中屋浩市とフルデザイン・レコードを主宰する藤掛正隆とのデュオによる作品で、これが聴き応えたっぷりでした。インプロヴィゼイションものがメインのフルデザインの一連とはちょっと違って、ジャーマン・テクノっぽいタッチも漂うトリップ感豊かなエレクトロ・サンドが楽しめる好作。ナスカ・カーは知らなかったけど、“電子パンク”ってこういうのをいうのかな。わからないけれど、聴いてると飛べるアルバム。やっぱりこういうの、好きです。
    (小島智さん)

    というサウンドです。手持ちが少なくなってきましたのでこちらもお早めに



     

  3. ナスカ・カー「1994-2020」(CD)
     ファースト〜からサードまでの中から選んだ曲を全部組み直して新録で作り上げたベスト盤「1994-2020」です。元々のアルバムは水増しやら無茶なサンプリング、挙句の果てにはそのままダビングして変調しただけの曲とかがあるので、さすがにこのサブスク時代、こんな著作権的にマズいもん出すわけにもいかないので、基本、サンプリングは使わない方向で手弾き&打ち込みをさらに録音編集変調して(まあアレンジ微妙に変わるけどしょうがない)トラックを仕上げたという…

     当然、ファースト&セカンドはこの人が入らないと話が始まらないので20年近くぶりに吉田ヤスシ(敬称略)が参加で新録。昔の掛け合いもバッチリイケてます。サードの曲は松江潤(敬称略)の当時のギタートラックだけが残ってたので、そこに肉付けする形で再構築。さすがにこんな事に付き合わせては正直申し訳がないので、西岡さん(現大谷さん:fromアメリコ)Voは不肖ながら私めが代わりにやらせて頂きました。他インストありの新曲あったりの全19曲(2曲ほど水増しが…)のアルバムになります。レーベルがなくなって10年近く経つので最近ナスカ・カーを知った人には入手不可なCDもあるのでこの機会に是非どうぞ。昔のハード機材オンリーで作ってた頃より機材量もトラック数も格段に増えているのとこれだけやってりゃアレコレ上達もしますよ…みたいなものも味わえていいのではないかと…
     

  4. Andromelos2(アンドロメロス2)
     7年前に録音した作品が音源化。メンバーは河端一(AMT)、岡野太(非常階段)と中屋浩市(Syn&Electronics)最狂のスペースジャズロック再び。フランスのレーベルからLPとCDが出ました。
    残念なことに今在庫がアナログ盤とCD各1枚のみで完売になります。

うちのレーベルの作品は
タワー&アマゾン等で入手可能ですが、お近くに取扱がない場合は、こちらでも通販やってます。他には高円寺ロスアプソン、円盤、Shop Mecano、布施エジプトレコーズにて販売しております(ちなみに泯比沙子+ナスカ・カー「Love&War Now!」は上記の店にある分と手持ちのみです:手持ちが現在5枚です

<<通販はこちらからどうぞ

ナスカ・カー、各種配信はじめました。
ひとまず廃盤になった「最新録音盤」を配信に出してます。SPOTIFY、Applemusicだとサブスクリプションで、e-ONKYO、OTOTYでは24bit48khzのハイレゾでやってます。
​あと、24-48のハイレゾで出した小品集「モバイル音楽倶楽部」、新譜の別バージョン「1994-2020 Alternative」他色々がバンドキャンプで配信販売中です。

ライブが決まらない分、リリースも多いんですが追いつかないので更新はボチボチこっちでまとめて何とかしますので少々お待ち下さい